セイン製品で圧縮エアシステムを最適化し年間550万円以上を節約

セイン製品で圧縮エアシステムを最適化し年間550万円以上を節約

圧縮エアシステムの漏れは、実際どれくらいのコストがかかるのでしょうか。NP3不動産が所有するHägglunds地区の産業施設では、それがあまりに多額であることが判明しました。この企業は35,000㎡の生産エリアで漏れを計測し、その箇所を特定した後、全てのカップリング及びホースをセインのeSafeとストリームラインに交換しました。その結果、年間40,000ユーロ(約550万円)以上のコスト削減を実現しました。

 

複数の世界的な理由によるエネルギー価格の高騰により、最適化された圧縮エアシステムを持つことの価値と重要性を理解する人がますます増えています。Hägglunds地区の施設・技術マネージャーであるMagnus Lundberg氏は、LMS Nordic社に圧縮エアシステムの評価と漏れの検出に来てもらった時、早くも2015年にこのことを理解していました。そして、エア漏れが発見されたのです。「コンプレッサーと機械を測定することで、夕方、夜、週末の運転状況を示すデータを集めました。」とLundberg氏は言い、こう続けます。「システムのカップリングとホースから多くのエア漏れがあり、多額の費用がかかっていることがすぐに分かりました。」

漏れの75%は、供給ラインのコンポーネントのみが原因です。「粗悪なカップリングやホースを使用することは、より大きな問題に対する安価で短期的な解決策です。」LMS Nordic社のシニアアドバイザーで前CEOのDaniel Winkler氏はこう言います。「最初から高品質なコンポーネントを設置することで、コストを大幅に削減し、オペレーターの安全な作業環境を確保することができます。」

 

「最初から高品質なコンポーネントを設置することで、コストを大幅に削減し、オペレーターの安全な作業環境を確保することができます。」

- Daniel Winkler氏, LMS Nordic社シニアアドバイザー・前CEO

 

LMS Nordic社 のDaniel Winkler氏(右)は圧縮エアシステムの漏れを検出した後、セインのeSafeクイック・コネクトカップリング及びストリームラインホースへの置き換えを提案。

 

 

理論を超えた

LMS Nordic社は、エア漏れを検出した後、全てのコンポーネントをセインのeSafeクイック・カップリングとホースに変更することを提案しました。「セインについて私が持っている知識と、彼らのクイック・カップリング技術における経験から、サプライヤーの選択は非常に簡単でした」とWinkler氏は言います。「私は、自分が信じていない物を勧めることは決してありません。」

 

「セインへの置き換えは、毎年520,000 kWhという驚異的な節約を実現しており、全ての期待を上回っています。」

- Magnus Lundberg氏, Hägglunds地区 施設・技術マネージャー

 

Hägglunds地区では、約30,000ユーロを投じて、圧縮エアシステムのカップリングとホースを全てセイン製品に交換しました。「既存の設備からセインのクイック・コネクトカップリングとホースに完全に変更する必要があると考えました。」とLundberg氏は言います。このシステムは35,000㎡の生産エリアをカバーしていますが、1年足らずで投資は回収されました。

セイン製品を導入する前の施設のエネルギー消費量は、年間814,000 kWhを超えていました。導入後には、その数値は年間288,000 kWhにまで減少しました。「セインへの置き換えは、毎年520,000 kWhという驚異的な節約を実現しており、全ての期待を上回っています。」とLundberg氏は言い、こう結論づけました。「kWhあたり0.08ユーロのコストというのは、毎年40,000ユーロ以上の節約を意味し、今日のエネルギー価格では、その節約額は2倍になります。」導入後、コンプレッサーの1台を半分のサイズにすることもできました。

 

LMS Nordic社による圧縮エア生成測定結果。セインeSafeカップリング及びホースの導入前(上のグラフ)と導入後(下のグラフ)

 

より良い作業環境

大幅なコスト削減に加え、カップリングとホースを変更することにより、より安全で効率的な作業環境が実現しました。eSafeクイック・カップリングは市場でも最も圧力損失の低い設計となっており、危険なホースの鞭振り現象を防ぐ残圧除去機構を備えています。「変更後、全体的なパフォーマンスが向上し、作業者はより安全な製品を使用して作業できるようになり、また施設内の騒音レベルも大幅に低減しました。」とLundberg氏は言います。

 

セイン製品への変更により、作業者にとってより安全で効率的な作業環境が実現しました。 

 

より広範で議論されるべき問題

最適化された圧縮エアシステムを持たないということは、世界的な問題です。生成された圧縮エアの30%以上が、全ての漏れを補うために生成されているのです。もちろん、これはサステナブルではありません。これは知識不足によるものだとWinkler氏は言います。「問題が目に見えなければ、問題は存在しないという考え方があります。」燃料の30%が漏出すると知っていながら車に給油する人は誰もいないでしょうが、約80%の産業施設ではこのような状況にあるのです、と付け加えます。「圧縮エアの実際のコストに関する知識を広め続け、これがより持続可能で多くの費用を節約するための簡単な方法であることを人々に理解してもらう必要があります。」と結論づけています。

 

 

The Hägglund area

場所: Örnsköldsvik, Sweden

創立: 1899年

従業員数: 1200

産業分野: 生産・製造、オフィス、データセンター、ストレージ向けのレンタル業界

ウェブサイト: Lokaler i Örnsköldsvik | Hägglundsområdet (hagglundsomradet.se)

 

 

圧縮エアシステム最適化ガイド

ガイド (日本語版) をダウンロード

関連情報

FAQ - セーフティリールに関するよくある質問と回答

FAQ - セーフティリールに関するよくある質問と回答

セーフティリールに関する一般的な質問と回答をここに集めました...

作業場にホースリールを設置する3つの重要な理由

作業場にホースリールを設置する3つの重要な理由

あなたの作業場ではホースを使用していますか? それなら床に散乱したホースが躓きの原因になっていることに気づくかもしれません。是非続きを読んでください。この問題を簡単に解決する方法が、ホースリールです。その理由を3つご紹介します...

圧縮エアを使用する作業場の安全性を高める11の方法

圧縮エアを使用する作業場の安全性を高める11の方法

圧縮エアを取り扱うには安全意識を持つ必要があります。危険を認識すること、そして適切な機器を備えることが作業場の安全確保には不可欠です。その設備は性能や効率に支障をきたすことなく、安全で信頼のおけるものでなければなりません。 米国の労働統計局によると、 職場に関連する傷害の25%以上は足を滑らす、躓く、転倒である とのことです。 作業場の床は...