電気自動車向けクイック・コネクトソリューション

電気自動車向けクイック・コネクトソリューション

電気自動車(EV)が世界的なブレイクスルーを遂げるためには、充電がよりしやすく、より迅速かつ効率的にならねばなりません。出力が高いほど多くの熱が発生するため、効率的な温度管理が必要となります。液冷は冷却要件を満たし、クイック・カップリングは信頼性の高い接続を提供するとともに設置やメンテナンス作業を容易にします。

液冷は既に高性能コンピューティングにおいて成功を収めています。そしてこれが現在、EV充電ステーションでの高速で効率的な充電を阻む壁を打ち破る鍵となっています。

クイック・カップリングは、ソリューションのいくつかの部分で、電気自動車の熱管理の容易化に役立つことが証明されてます:

  • 効率的な設置とメンテナンス性を備えた信頼性の高い充電インフラ及び急速充電器向けクイック・コネクトカップリング
  • 冷却コネクター付き充電ケーブル
  • 車載バッテリーパック、インバーター、電気モーター用のオンボード液冷ソリューション
 

クイック・カップリングで効率的な急速充電が可能に

クイック・カップリングは、液冷システムにおいて重要な役割を果たしており、バッテリー式電気自動車(BEV)の急速充電を可能にする上で、設計全体を向上させる部品となる可能性があります。一般的な22kWのAC充電器は、車両の航続距離を200km延長するのに十分な充電を120分で行います。航続距離200kmの充電時間をわずか16分に短縮するには、150kWのDC充電ステーションが必要です。このレベルの出力では、10分間の急速充電中に温度が270℃以上に上昇する可能性があるため、オーバーヒートを避けるために、効果的で改良された熱管理が必要です。

記事を読む: EVを安全で効果的に急速充電するための熱管理

 

産業用電気自動車

プロフェッショナルの分野ではバッテリー駆動車両の使用が浸透しています。 電気駆動への切り替えは、温室効果ガス排出量の削減、都市バス、建機、短距離フェリー、農業、採掘用車両からの有毒ガスの排出量と騒音公害の削減といった明確な利点があります。

充電技術は急速に進化しています。 一般的なソリューションには、電池交換方式と非接触充電(インダクティブ充電)システムがあります。 自動接続ソリューションやロボットベースの充電システムもあります。車両、バッテリー、または充電コネクタが自動的に接続されて、充電が簡単便利に行えます。

バッテリー出力が高い場合は、充電時の冷却性能を促進するため、また動作中のバッテリー、電気モーター、インバーターの熱管理のために、信頼性の高いクイック・コネクトソリューションを備えたオンボード液冷が必要です。

 

 
 
 

「セイン ウルトラフローは、カップリングの接続が容易で、軽量であり、漏れがないので液冷システムの着脱に非常に有効です。」

- Jon Einar Holum氏, Pon Equipment 社 エンジニアリングマネージャー

 

PON Equipment 社が世界最大のバッテリー式ショベルを製造 - セイン ウルトラフローを搭載

記事を読む

 
 
 

操作を確保する液ダレのないカップリング

液ダレのないクイック・カップリングを使用することで、システムが事前に充填されているためメンテナンスが容易になり、分離時の漏れもありません。 冷却液をシステムに充填したり、システムから空気を排出したりする必要がないため、現場での設置とメンテナンスを迅速に行うことができます。

 

EVの充電に事前充填液冷システムを使用するメリット

クイック・カップリングを使用することで、事前充填冷却モジュールを使用することができ、全体的な投資に対して長期的な利益を得ることができます :

1. メンテナンスにかかる時間を短縮

2. 現場での排水・充填作業が不要

3. 高品質クイック・カップリングの使用により取外し時に液だれがない

 

クイック・コネクトカップリング:
熱管理システムの重要なコンポーネント

 

ホワイトペーパーのダウンロード
 

関連情報

高性能な大型電気自動車には、高性能なバッテリー熱管理装置が必要

高性能な大型電気自動車には、高性能なバッテリー熱管理装置が必要

自動車業界では電動車両への移行が進んでいますが、それは小型車に限ったものではありません。産業用の大型車両でもこの技術の採用が進んでおり、バッテリーの熱管理システムへの要求も高まっています。そのため、過剰な熱を放散し、熱暴走を防ぐために、バッテリーパックにクイック・コネクター付きの優れた設計の液冷ソリューションを導入することが不可欠です。 小型電気自動車の分野において...

工業用冷却液への要求が高まる中、液冷用部品に課せられる高い要求

工業用冷却液への要求が高まる中、液冷用部品に課せられる高い要求

電子機器の急速な発展に伴い、より複雑で高度な液冷システムソリューションが求められています。従来の水やグリコールに加えて、新たな関連流体が市場に投入され、良質なコンポーネントにより高い要求が課せられています。クイック・コネクトカップリングはそのような部品であり、現在セインでは様々な流体やアプリケーションに適合するよう内部テストが行われています...

EVを安全で効果的に急速充電するための熱管理

EVを安全で効果的に急速充電するための熱管理

BEV(バッテリー式電動自動車)への関心は高まっています。しかし、継続的な課題は、路上で急速充電スタンドが利用できるかどうかです。充電時間を短縮するためには、電力を上げる必要があります。その結果、熱が大幅に上昇します。この熱を効率よく放熱し急速充電を可能にするためには、液冷による制御された熱管理が必要です。 ほとんどの場合、電子機器に水は厳禁ですが、電気システムの出力や回路密度を高めるためには...

電気自動車向け推奨製品