Fredsund Maskin社のEpiroc油圧ハンマー用標準ホース&カップリングキットにセインTLX採用

Fredsund Maskin社のEpiroc油圧ハンマー用標準ホース&カップリングキットにセインTLX採用

Fredsund Maskin社は、油圧ハンマーの分野で50年以上の経験を持つスウェーデンにおけるEpiroc社公認パートナーです。彼らは、顧客の掘削機に最高かつ最も効率的な解体ツールを提供するため、緊密な協力関係を築いています。さらに顧客価値を高めるために、彼らは現在、Epiroc社の油圧ハンマーを、油圧パルスへの耐久性があるセインTLXを組み込んだコンプリートキットとして販売することを提案しています。

2017年、Fredsund Maskin社は、地上および地下用の建設機器・ツールの分野で世界をリードするEpiroc社の認定パートナーとなりました。彼らは共に、顧客が機械の要件に適した機器やアクセサリーを選択できるように支援しています。

「多くの人は、機器とアタッチメントの間にあるカップリングやホースのことを気にかけませんが、当社のツールで最適に機能するコンポーネントを選ぶことは、ダウンタイムやコストのかかるメンテナンス作業を避ける上で非常に重要です」とEpirocサービスセンターの油圧アクセサリー担当ビジネスエリアマネージャー、Nils Almkvist氏は語ります。

 

Epirocサービスセンター、油圧アクセサリー担当ビジネスエリアマネージャー Nils Almkvist氏

 

品質 - 基本的価値観

品質は最優先事項であり、Epiroc社とFredsund社両方のブランドに浸透しています。そのため、サプライヤーに対しても高い要求を課しています。「プレミアムな製品を販売しているのだから、当然、高品質なコンポーネントを使用しなければなりません」と、Fredsund Maskin社のセールスマネージャー、Tomas Ulander氏は語ります。

一定の品質レベルを維持しているサプライヤーやパートナーと協力する以外にも、油圧パルスに対応できる機器を使用することの重要性を顧客に伝える責任があると考えています。 

「完全なソリューションを実現するためには、顧客は適切な油圧ハンマーだけでなく、例えば適切なタイプのカップリングのような、高品質なコンポーネントを所持しなければなりません」とUlander氏は言います。

 

低品質の機器は長期的には割高である

多くの顧客が自分の機械を油圧ハンマー以外の用途にも使用しているため、安全で漏れのないツール交換が重要になります。しかし、ハンマーとしての使用は最も過酷な用途であり、機械に取り付けるクイック・コネクトカップリングの種類もそれにより決定されます。

よくある問題は、お客様が用途に不適切なカップリングを使用することです。Almkvist 氏は、「我々が目にする最大の問題は、顧客が簡単に壊れる間違ったタイプのカップリングを選択し、結果的に金属の一部が油圧ハンマーの中に落ちてしまうことです」と指摘します。「最初から油圧パルスに対応するように作られたカップリングを導入するのに比べ、壊れたハンマーを改修する方がはるかにコストがかかります。」

 

セインTLXを装着したEpiroc社製油圧ハンマーの前に立つNils Almkvist氏

 

「誰かが油圧パルス用のクイック・コネクトソリューションを求めてきたら、紹介するのはセインのTLXです」

- Epirocサービスセンター油圧アクセサリー担当 ビジネスエリアマネージャー、Nils Almkvist氏

 

お客様の環境への配慮

環境への配慮は誰にも避けられません。環境的な視点から機器やサプライヤーを選ぶという顧客意識は、日常業務の重要な一部となりました。「ほとんどの場合、当社のお客様は、個人や自治体等の現場で、例えば油を流出させないなどの環境要件を満たす作業を行っています」とUlander氏は言い、こう続けます。

「そのため、当社のお客様は、漏れのない接続を含むコンポーネント要件に準拠しなければなりません。」

 

TLXカップリングについて語るTomas Ulander氏(左)とBenny Björk氏(右)

 

油圧パルス用に作られていないカップリングを選択する際によく問題になるのが漏れです。セインのTLXは、分離時の作動油の流出を最小限に抑えることができる液だれのないフラット・フェースカップリングです。

「TLXカップリングは、さまざまな建設現場でのより厳しい環境要件を満たしているため、Epirocの環境プロファイルによく適合しています」とAlmkvist氏は結論づけています。

 

Epiroc AB

本社: Stockholm, Sweden

従業員数: 13 840 (2020)

創立: 1873 (then part of Atlas Copco)

産業分野: 建設業

取扱い製品: 鉱業・建設用機器及び製品

マーケット: グローバル

ウェブサイト: Epiroc Group

Fredsund Maskin AB

本社: Jönköping, Sweden

創立: 2008

産業分野: 建設業

取扱い製品: 建設用機器・装置

マーケット: スウェーデン

ウェブサイト: Fredsund Maskin AB | Fredsund Maskin AB

 

関連情報

TLX シリーズ 307 - 3/8" 発表

TLX シリーズ 307 - 3/8" 発表

建設現場や解体現場での過酷な用途に、セインのTLXクイック・コネクトカップリングが頼りになります。高いサージフローに対応するシンプルな堅牢性を備えた、超高耐久カップリングです...

トヨタのWEO実装フォークリフトによりFMCの作業効率向上

トヨタのWEO実装フォークリフトによりFMCの作業効率向上

トヨタ マテリアル ハンドリング社のフリート管理センター(FMC)において、古いフォークリフトの修理とメンテナンスはトヨタの事業の中でも環境に配慮した持続可能な部分です。トヨタのフォークリフトに取り付けられたWEOプラグインカップリングにより、FMCはサービス効率を向上させることができました...

Energreen社が遠隔操作式RoboGREEN EvoにMulti-X搭載

Energreen社が遠隔操作式RoboGREEN EvoにMulti-X搭載

RoboGREEN は最も過酷な条件向けに設計されており、25種類以上のアタッチメントを装着することができます。セインの マルチ-X が迅速で簡単な接続をお約束します...