過酷な用途にこそセインのTLXカップリング

過酷な用途にこそセインのTLXカップリング

「このカップリングだけは生き残る」

基礎工事および杭打ち作業に従事していると、想定外の問題に直面することは日常茶飯事です。いくつか例を挙げるとすれば、大きく揺れ動く土壌、異常に湿気の高い土壌、予想を超える地盤の硬さ等です。土壌は作業環境に影響を与えるだけでなく、杭を損傷のリスクにさらす可能性があります。地下の状況は建設現場作業員の手の届かないところにあり、このような状況は予測できず防止するのが難しい場合があります。一方で、防ぐことができるのが、杭打ち機や掘削装置の油圧システムの液だれです。

高いサージフロー(急激な流速変化)が、過酷なアプリケーションでネジ式カップリングが壊れてしまう最も一般的な理由です。基礎工事の場合、杭打ち機または掘削リグが地面を突き抜けるまさにその瞬間に高い圧力が開放され、極端なサージフローが発生します。このサージフローは、数倍とは行かないまでも、通常機器を流れるよりはるかに大きくなります。そして、杭打機や掘削リグは小さな機械ではありません。むしろ、そのエンジンはパワフルで、高品質なアプリケーションだけに必要とされる、難しい土壌コンディションに対処するよう作られています。幸いなことに、セインはそのニーズに応えました。

セインのTLXフラットフェース ツイストロックカップリングは、サージフローに対して非常に高い耐久性を備えているため、実質的にカップリングの破損や油漏れを防ぐ、環境にやさしい製品です。この製品のもう一つの利点は、コスト効率が高いことです。圧力を処理しきれない油圧カップリングの場合、短期間で大量のカップリング交換を余儀なくされます。一方で、シンプルで堅牢なセインのカップリングが他と異なるのは、圧力インパルスに対処でき、過酷な建設現場で長期間の使用に耐えるよう設計されている点です。長期的に見れば、機械のダウンタイムや修理費は最小限に抑えられます。つまり、「TLXは耐久性の高いソリューションである」ということです。

この油圧カップリングの持つ特長 が評価され、多くのお客様にご採用いただいた結果、セインのTLXカップリングは基礎工事の分野で幅広く使用されるに至っています。この超耐久カップリングは、パワーパック、バルブパッケージやドリルリグ、ロータリードリルやハンマードリルなどの様々なアタッチメントの接続にと、幅広い応用分野で使用されています。

杭打ち作業者にとって、恐らくカップリングが壊れるなど考えたくもない問題でしょう。 またカップリングが十分な性能を持っているかどうかなど作業者が心配するべきことではありません。セインのTLXの「このカップリングだけは生き残る」というキャッチフレーズは、このカップリングの優れた能力についてだけでなく、品質と性能に関するセインの基準の高さを示しています。