液冷システム用クイック・カップリングの5つの要件

 

液冷アプリケーションに適したクイックコネクト・カップリングを選択する際に考慮すべき、5つの重要な機能

 

1. 低圧力損失で最適化された流量

液体冷却システム全体で適切なフローを維持することが、最も重要な要件の一つです。各コンポーネントで生じる圧力損失はできる限り少なくしなければなりません。さもなければ、ポンプに余計なストレスがかかってしまいます。一方で、それぞれのコンポーネントで発生する圧力損失は積み重なり、大きくなります。可能な限り低圧力損失で最適化されたコンポーネントを使用すれば、より小型のポンプを使用することができるかもしれません。投資とエネルギーの削減が叶います。

 

2. ノン・ドリップ(または、ノン・スピル。液だれのない着脱)

多くの場合、電子機器は水厳禁です。水が破壊的な被害をもたらすことがあります。常にクリーンな着脱ができるよう設計された、ノン・ドリップ クイック・カップリングを使用してください。稼働時間はあらゆる電子システムにとって重要なKPIです。パーツが故障した場合は、できるだけ迅速に交換する必要があります。ノン・ドリップ クイックコネクト・カップリングを使用すれば、冷却液がより短時間で充填された状態で、交換作業が可能になるでしょう。

 

3. コンパクトな外径

電子機器の占有スペースは小さいほどより大きな価値を生み出します。サーバーラックの場合なら、混みあったサーバールームに追加設置できるかもしれません。高速列車なら、もっと多くの座席を設けることができます。水の熱容量は同量の空気に比べ3,500倍と言われています。従来の空冷と比較して、液冷へ投資する場合の損益分岐点は、あなたが考えるよりも近いかもしれません。スペースは金なり ― 電子機器の設置でも同じです。

 

4. 長期信頼性

多くのノン・ドリップ カップリングの信頼性における一つの課題は、それが長期間使用されていない場合です。時には、バルブが円滑に作動せず、カップリングが耐用期間内であっても、漏れの危険性があります。そのカップリングは、頻繁に使用する場合と頻繁に使用しない場合の両方でテストされているかどうか、そして、サプライヤーがクイックコネクト・カップリングに対する豊富な経験があるかどうかを確認してください。

 

5. 適合性のある材質

異なる材質を組み合わせてはいけません。材質の異なるコールドプレート、チュービング、クイック・カップリングを一緒に使用しないでください。異なる材質で作られたコンポーネントを使用すると、ガルバニック腐食(異種金属接触腐食)の原因となります。冷却液の品質もまた、冷却システムの安定性を確保するのに重要な役割を果たします。長期安定性と漏れのない操作を保証するために、冷却液とシール材の適合性を確認してください。

 

2018-10-12