データサーバー製造に使用される漏れのない冷却用カップリング

熱制御においては、安全性、操作性の良さ、信頼性を備え、効率的に冷却するため大流量のクイック・コネクトカップリングが必要とされています。新開発、真鍮製ノン・ドリップシリーズ 767ハイフローは、冷却用電子機器用途に最適な手頃で大流量のノン・ドリップカップリングで、あらゆるアプリケーションとシステム要件に適合します。

データセンターでは、大量に発生する熱の処理が常に課題となります。最近では、従来の空冷方式から、より冷却効果が高く経済的な液体冷却方式に人気が集まっています。

圧力損失を抑える
データサーバーの大手メーカーでは、新しい水冷システム向けに脱着が容易なカップリングを求めておられました。サーバーから発生した熱を制御する冷却液ポンプの循環ラインに設置される予定でした。当初標準仕様のノン・ドリップシリーズ767を提案しましたが、圧力損失を低くしたいという顧客の厳しい要求に応えるため、許容流量の改善を行いました。 

Thermal management needs safe, easy and reliable quick connect couplings with high flow for an effective cooling process. The newly developed Non-Drip brass Series 767 High-Flow is an affordable non-drip modular coupling adaptable to virtually all applications, perfect for cooling of electronics.  Data centers generate a substantial amount of heat that must be disbursed. Traditionally air has been relied on for cooling, however in recent years’ liquid cooling has gained in popularity since the solution reduces heat more effectively and more economically than air.  Low pressure drop in fluid lines A large producer of data servers was searching for a quick disconnect solution to its new water cooling system. The couplings were to be installed on the coolant pump’s supply and return lines to control and channel heat generated by the server. CEJN proposed its standard Non-Drip Series 767, however, in order to meet customer’s strict requirement of a low pressure drop for the application, CEJN had to improve the flow capacity of the connector.   CEJN series high flow for cooling and thermal controlHigh-Flow coupling equals the solution During the development phase CEJN engineers worked closely with the customer to gain knowledge of the liquid cooling application. The standard Non-Drip 767 fluid coupling was refined and a new High-Flow brass version with EPDM seals presented. The new version has an impressive flow capacity for DN19 with flow coefficient, Kv 13,3. This was a huge improvement compared to the standard version with Kv 10,8.   Satisfied customer After a couple of years of installation the customer is pleased with the solution and of the couplings extreme durability that has led to a long life and trouble free product. Flow capacity has always been a key design factor for CEJN product development no matter if its compressed air flow, hydraulic fluid flow or as in this case low pressure liquid cooling lines.

大流量カップリングが解決策
開発の段階で顧客と密に打ち合わせ、液体冷却アプリケーションについての知識を得る中で、標準のノン・ドリップシリーズ767に改良が加えられ、EPDMシールの真鍮製ノン・ドリップシリーズ 767ハイフローが完成しました。呼径19mm、流量係数Kv 13,3で、標準バージョンの流量係数Kv 10,8と比べると流量が大幅に拡張されています。


顧客満足

導入から数年経過しますが、このソリューションと長寿命で故障のないカップリングの耐久性にご満足いただいています。空圧、油圧、今回のような低圧液体冷却問わず、流量は常にセインの製品開発において重要な要素なのです。