重電機器応用での液体プレート冷却

重電機器応用での液体プレート冷却


重電機器から排出される熱を効率的に排除するため、セインでは、トラブルのない冷却過程に最適な大流量クイック・コネクトカップリングを提供しています。当社は、高出力整流装置メーカーに対し、ノン・ドリップシリーズ667と小型のノン・ドリップ467を提供しています。 

電力変換システムで発生する熱を除去するには様々な方法があります。例えば強制空気冷却、直接水冷、キャビネットに一体化された還流熱交換システムとの組み合わせ、もしくは整流器の外部に設置する自立式のものなどです。最も効果的な方法は直接水冷ですが、コンポーネンツが損傷を受けないよう漏れのない接続が保証されなければなりません。

DC変換器向け液体冷却プレート
ある電力変換装置メーカーより、電源モジュールからの余剰熱を除去するため、新しいカップリングを探しているという引き合いをいただきました。冷却ラインは、採掘用DC出力変換システムの還流ポンプに接続されています。その企業は、これまでのソリューションの品質に納得がいかず、新たな供給元を探していました。彼らが探していたのは、サイリスタとIGBTチョッパー整流器用の呼径14mmと、固体SCRとダイオード整流器用の呼径6mmの2サイズでした。

ノン・ドリップシリーズ667および467で得られたパラメータ
メーカー側からの要求は、アプリケーションに必要な圧力6.9 bar(100PSI)、流量57 ℓ/min (15 gpm) 、最大圧力損失0.49 bar (7 PSI)に適合し、いずれのサイズでも漏れがなく簡単に取り外しができることでした。当社はEPDMシーリング付き真鍮製ノン・ドリップ667シリーズ 呼径14mmおよび467シリーズ 呼径6mmを提案しました。また接続間違い防止のため、カラーコードオプション追加を提案しました。コネクターは熱い・冷たいラインを示す赤と青のコネクターが選択されました。

新デザインにセインを標準採用
このメーカーでは、置き換え以降発表される新製品に当社の漏れのないクイック・コネクトカプリングが標準採用いただけるようになりました。

クイック・コネクトカップリング:
熱管理システムの重要なコンポーネント

 

白書をダウンロード