安全で高性能な油圧を用いたボルトテンショニング

安全で高性能な油圧を用いたボルトテンショニング

 

ボルトテンショニングは、軸方向に負荷をかけボルトを引き延ばすことによって、締付けを制御する方法です。機械的にトルクをかける方法から、超高圧油圧を用いた方法に置き換わっています。
セインの超高圧カップリングは、ボルトテンショナーをはじめとする超高圧油圧製品の標準となっています。当社は長年に亘る技術力で、安全性に優れた高品質な製品を提供しています。 

ボルトテンショニングの仕組みについての詳細は以下をご覧ください。

Original state of bolt and nut before stretching
引き延ばし前のボルトおよびナットの状態

The bolt tensioning tool is assembled onto the bolt to be tightened. The hydraulic coupling/hose is attached
ボルトテンショナーがボルトの上に接続され、油圧カップリング/ホースが取り付けられる

Hydraulic pressure is applied to the tensioner from a tensioning pump.
圧力ポンプからテンショナーへ油圧がかかる

Bolt tensioning. The nut is wound down against the joint force.

ナットが接合部の力に抗して締め付けられる

Pressure is released and the bolt remains with accurate load

圧力が開放され、ボルトは正確に締め付けられた状態となる

The hydraulic equipment is disconnected followed by removal of the tensioner.

テンショナーを外した後、油圧装置を取り外す

State of bolt after stretching. The bolt behaves like a spring: when the pressure is released the bolt is under tension, creating the required clamping force across the joint.

引延ばし後のボルトの状態。圧力が解除されるとボルトがばねのように縮むことで、つなぎ目部分に必要な締め付けがなされる。