ノン・ドリップカップリングが過酷な農業分野で活躍

ノン・ドリップカップリングが過酷な農業分野で活躍

2年以上にわたり、セイン デンマークはバイオカバー社と協力し、触媒として硫酸を使用する農業分野への応用に特化した、ノン・ドリップ クイック・コネクトカップリングの開発を進めてきました。硫酸はスラリーを土壌に撒く際のアンモニア排出を減らすため肥料に添加されます。また、近隣住民からの苦情の原因となる悪臭を防ぐ目的でもあります。


バイオカバー社は当初セインの標準製品であるステンレス・スチール ノン・ドリップ777シリーズとFPMシールを試しましたが、過酷な環境下では満足いく結果が得られませんでした。何度か実地試験を行なった後、ステンレス・スチール素材のアップグレード、高性能複合材、Oリングシール、そして機械性能の改善を伴ったソリューションにたどり着きました。

セインのノン・ドリップ クイック・コネクトカップリングを使用したSyreN製品で、ヨーロッパのCSRアワードを受賞したバイオカバー社に、祝意を表したいと思います。