海洋掘削リグ向けROVスタブプレート

カスタマイズ ソリューション

深海で遠隔操作される油圧ドリル向けの、漏れのないフェイルセーフシステムとして設計されたスタブプレート。

仕様

流体 油圧
特長 ノン・スピル、緊急解放、ROV最適化、ガイドピン

スタブプレートは、深海で遠隔操作される油圧ドリル向けの、漏れのないフェイルセーフシステムとして設計されました。

以前のバージョンは、深海での使用に成功していました。当然ながら、安全性と信頼性は環境汚染を防ぐための最優先事項です。 

 

石油掘削リグ廃止関連用途に設計

古い石油掘削リグを廃止するには、いくつかの大きな課題があります。掘削リグは海底に石油を貯蔵するためのセルラー基地を備えたコンクリート製の設備から、海洋パイプラインを用いた近代的な方式へと進化を遂げてきました。使用されないリグはOSPARの要件に従って廃止されなければなりません。要件では、使われていない掘削リグや危険な物質を含む可能性のあるパイプラインを全て海から引き上げなければならないとされています。この工程にはフェイルセーフ機能と精度の高い確かなツールが不可欠です。このアプリケーションに対し、海底の重力式構造物(GBS)にあるコンクリートセル調査用の油圧ドリル向け、クイック・コネクト ソリューションが考案されました。

 

解決策

遠隔操作型の無人潜水機(ROV)によってメスプレートが操作され、海底のオスプレートに接続されます。ROVを使用して操作する前提で設計されています。プレートは、ボディが100% ステンレス・スチール製のシリーズ 766 油圧カップリング2個で構成されています。深海操作に耐える特殊な熱処理をしています。