ブリージング・エア ― カスケードシステム応用

ブリージング・エア ― カスケードシステム応用

硫化水素ガスは石油・ガス産業において最も悪質で致命的な被害をもたらします。ガス漏出が起きれば犠牲者は相当数に上るでしょう。それゆえ、厳格な規制と継続的な改善が必要となります。高濃度であれば、別名H2Sとして知られるこのガスによって、人はほんの数秒で意識を失いかねません。

H2Sの漏出が起こった場合、作業者は各々酸素チューブのついた呼吸装置を装着しますが、漏出が長引く場合は酸素を節約するため、カスケードシステムへ接続することができます。セインのブリージング・エアカップリングを使うことで、個々のチューブから素早く繋ぎ替えることができ、不純物も混入しません。カスケードシステムは、チーム全員の安否確認のための集合スポットとしての役割も果たします。