セインの油圧カップリングを装備したパワフルなパワーパック

セインの油圧カップリングを装備したパワフルなパワーパック

 

「我々のワークショップは消防隊と似ています。迅速で安全でなければならない。」これは、Grund- und Tiefbau AG Solothurn社、特殊土木工学ワークショップの責任者であるAndreas Künzler氏の言葉です。その名の通り、特殊土木工学には特別なノウハウが必要とされ、G+T社は矢板(シートパイル)工事、バイブレーティング、プレスといった、その中核となる技術を持っています。

G+T AG Solothurn社 は、約26名の従業員を擁し、スイス国内の主要な建設現場で最新の建設機械を用いています。矢板壁を打ち込むには、それに対応する振動チャンバーを付けた大型機械が使用されます。 矢板工事には建設現場の穴や地面の隆起を保護するほか、浸水を防ぐ役割があります。 振動を加えると、個々のシートパイルが振動するため土壌が緩み、地面を貫通することができます。 バイブロハンマーは、クローラクレーン、移動式クレーン、または掘削装置等に自由に吊るすことができ、パワーパックから油圧供給されます。このようなツールで、セインのTLXスクリューカップリングが役立っています。

 

「すべてうまくいきました。 問題が発生した時、セインは直ちに解決し、私たちをサポートしてくれました。」

Andreas Künzler氏
G+T AG社 ヘッド ワークショップ スーパーバイザー

 

セインの油圧カップリングがどのように標準化されたのか。ねじ込み式とワンタッチ式カップリングは、一般的には油圧ショベルの典型的なアッタチメントの交換用に使用されており、パワーパックでの使用は意外にも隠れた存在です。しかし、セインの油圧カップリングこそ、過酷な用途に適しているのです。

G+T AG Solothurn社の所有機には、様々な油圧製品が使用されていました。約80%の作業現場が水(地下水)に近い環境の為、油漏れは厳禁です。したがって、確実なコネクターすなわち、シンプルなシールを備えた耐久性のある強固なカップリングが必要です。 セインのソリューションである9ポート・パワーパックへの油圧カップリングの提案は、脱着時の油圧カップリングからの液だれがない上、安定した製品供給とサポート、信頼性が実現しました。 また、管理者にとっては、扱いやすさも採用の決め手でした。 特長的な接続方法は、従業員のトレーニングが簡素化され、着脱作業が簡単です。これは、G+T社が重視するポイントである、作業の安全にもよい効果をもたらします。

職場での安全性、短期意思決定プロセス、革新性の点で、この企業は際立った存在です。 G+Tは、防音プロセスを自社開発し特許を取得している、スイスで唯一の建設会社です。 市街地では騒音が集中する矢板工事が人と環境の両方に負荷を与える可能性があるためです。 掘削装置では、吸音材でできたテレスコピックカーテンが使用されており、騒音を28デシベルも低減します。 「私の見解では、すべてが順調に進み、問題が発生したとき、セインは直ちにそれを解決し、サポートしてくれました」とAndreas Künzler氏は結論づけています。

なぜセインがこのビジネスをしているのかは、顧客の笑顔を頂けること、セイン製品を使用いただけることが最高の支えになっているからに他なりません。

2018-12-11