SEMICON JAPAN 2021 に出展

SEMICON JAPAN 2021 に出展

東京ビッグサイトにて開催される国際展示会「SEMICON JAPAN 2021」に出展いたします。
半導体製造装置の冷却水接続に最適な「漏れのない分離・高い流量特性」を特長とする、クイック・コネクトカップリングを展示いたします。
是非この機会に弊社ブースへお立ち寄り下さい。

 

「SEMICON JAPAN 2021」

◆会期: 2021年12月15日(水)~ 17日(金)10:00 ~ 17:00 

◆会場: 東京ビッグサイト 東展示棟2ホール 部品・材料ゾーン

◆ブース番号: 2902
 ※展示場への最寄り駅、アクセスについてはこちらをご覧ください。

展示会概要については、https://www.semiconjapan.org/jp/home

異なる特長を持った液冷用クイック・カップリングを比較して、あなたの熱制御ソリューションに最適なカップリングを選定しましょう。

            
  ウルトラフロー シリーズ
高耐久・軽量・液ダレなし クイック・カップリング
 
ノン・ドリップ シリーズ
コンパクト・液ダレなし クイック・コネクトカップリング
 

フル・フロー シリーズ

大流量・バルブレス クイック・カップリング
 

ブラインドメイト シリーズ      
ラック組込用・液ダレなし クイック・カップリング
 
  ウルトラフローを探す ▸ ノン・ドリップを探す ▸ フル・フローを探す▸ ブラインドメイトを探す ▸
   
   
主な特長         ノン・ドリップ
新しいバルブデザイン
低圧力損失
ノン・ドリップ
コンパクト設計
ワンタッチ接続
キーコード付も可能
コンパクト設計
大流量
ノン・ドリップ
自動調心
オート・カップリング
   
液だれのない設計 -
   
流量 ●●●●○ ●●●○○ ●●●●● ●●●●○
   
コンパクト設計 ●●●○○ ●●●●○ ●●●●● ●●●●○
   
長期耐久性 ●●●●● ●●●●○ ●●●●● ●●●●○
   
材質

硬化陽極酸化アルミニウム
ステンレス・スチール
ご要望により他の材質も可能

真鍮(鍍金処理)
ステンレス・スチール
真鍮(鍍金処理)
ステンレス・スチール
アルミニウム(表面処理済)
真鍮(鍍金処理)
ステンレス・スチール
   
アクセサリー - ダストキャップ、アダプター、キーコード付、セーフティロック アダプター アダプター
   
アプリケーション例 データセンター、パワーエレクトロニクス、輸送、医用イメージング、産業、再生可能エネルギー、通信、レーダー機器 データセンター、パワーエレクトロニクス、輸送、医用イメージング、産業、再生可能エネルギー、通信、各種液体・薬液配管 パワーエレクトロニクス、再生可能エネルギー データセンター、パワーエレクトロニクス、医用イメージング、産業用電動車両、再生可能エネルギー、レーダー機器
         

 

 

関連情報

掘削機のイメージ画像

PON Equipment 社が世界最大のバッテリー式ショベルを製造 - セイン ウルトラフローを搭載

PON Equipment 社はキャタピラー社製品のノルウェーにおける販売代理店で、現在、12トンと25トンの重量級バッテリー式ショベルを世界市場に投入しています。この出力レベルでは、バッテリーに接続された効率的な液冷システムが必要です。セインのウルトラフロー クイック・カップリングは、液冷システムの脱着やメンテナンスを容易にするだけでなく、作動中の漏れがありません。 ノルウェーでは...

工業用冷却液への要求が高まる中、液冷用部品に課せられる高い要求

工業用冷却液への要求が高まる中、液冷用部品に課せられる高い要求

電子機器の急速な発展に伴い、より複雑で高度な液冷システムソリューションが求められています。従来の水やグリコールに加えて、新たな関連流体が市場に投入され、良質なコンポーネントにより高い要求が課せられています。クイック・コネクトカップリングはそのような部品であり、現在セインでは様々な流体やアプリケーションに適合するよう内部テストが行われています...

高性能な大型電気自動車には、高性能なバッテリー熱管理装置が必要

高性能な大型電気自動車には、高性能なバッテリー熱管理装置が必要

自動車業界では電動車両への移行が進んでいますが、それは小型車に限ったものではありません。産業用の大型車両でもこの技術の採用が進んでおり、バッテリーの熱管理システムへの要求も高まっています。そのため、過剰な熱を放散し、熱暴走を防ぐために、バッテリーパックにクイック・コネクター付きの優れた設計の液冷ソリューションを導入することが不可欠です。 小型電気自動車の分野において...