圧縮エアシステムの最適化で省エネを

圧縮エアシステムの最適化で省エネを

 

圧縮エアには高い経費がかかります。既存の圧縮エアシステムの最適化で膨大なエネルギーを節約できます。省エネは環境のためだけでなく経済的な理由からも非常に重要です。

省エネには、エア漏れをコントロールするのが最も簡単な方法であり、通常3~6か月で投資の成果が現れます。

多くの場合、エア消費量のうち漏れが占める割合は約20~30%です。ホースクランプは接続の弱い部分であることが多く、1ミリメートルの穴一つで年間約800ユーロ近くを浪費することになります。漏れ箇所があると、ツールに十分なエアを供給するためコンプレッサーに余計な負荷がかかり、そこから費用の浪費が始まるのです。

役に立たないホースを交換し、漏れの発生しているクランプを取り外したら、最適化プロセスの次のステップは、適切な製品を適切な場所に配置することです。可能な限り低い圧力損失を備えた、最適化されたツールとコンポーネントは、コンプレッサーにかかる負荷を軽減します。

圧縮エアシステムを最適化する方法の続きは、無料ガイドをダウンロードしてお読みください。

圧縮エアシステム最適化ガイド

ガイド (日本語版) をダウンロード

関連情報

FAQ - セーフティリールに関するよくある質問と回答

FAQ - セーフティリールに関するよくある質問と回答

セーフティリールに関する一般的な質問と回答をここに集めました...

作業場にホースリールを設置する3つの重要な理由

作業場にホースリールを設置する3つの重要な理由

あなたの作業場ではホースを使用していますか? それなら床に散乱したホースが躓きの原因になっていることに気づくかもしれません。是非続きを読んでください。この問題を簡単に解決する方法が、ホースリールです。その理由を3つご紹介します...

圧縮エアを使用する作業場の安全性を高める11の方法

圧縮エアを使用する作業場の安全性を高める11の方法

圧縮エアを取り扱うには安全意識を持つ必要があります。危険を認識すること、そして適切な機器を備えることが作業場の安全確保には不可欠です。その設備は性能や効率に支障をきたすことなく、安全で信頼のおけるものでなければなりません。 米国の労働統計局によると、 職場に関連する傷害の25%以上は足を滑らす、躓く、転倒である とのことです。 作業場の床は...